S・KとT・Mのやりとり〜手本・Nへの不平をボールに乗せて〜

「T・M、上五球で自身と委任。こういう剛腕児、どうにかして」
「ヘイヘイ」
 S・Kは一度火が付くとどうも止まらない材質らしき。
「S・K、解約。マサと委任」
 自身はグローブを外してT・Mに引き取りた。左側は真っ赤に腫れ上がっていた。
「アイツの球は人並みじゃない。はじめ球はじめ球視線を逸らすな」
 自身が助言するも、T・Mは近隣でその球速を体感していたせいで重圧から全くと外見が強張っている。
「私の内より心境じっくり投げてあげてね」
 自身は呼ぶように言った。
 S・Kはグラブを高所にかざしておる。通じただろうか。
 S・Kは球速を控えるも、前もってT・Mの見落としが際立つ。
「T・M、右側も使ったほうがいいよ」
「うるせーな。分かってるよ、そのぐらい」
 あまりT・Mはは負けず嫌いだった。
「T・M。学業はどうしてよ?自身らはきょう、農作業でくたびれ果てたよ」
「学業はなだらかです。畑は、今や慣れたか?」
 普段着、面白敬語ばかり並べるS・Kのタメ口には違和感があった。そう言えばこういうカップル、同い年だったか。
 自身には、カップルが仲良くやってくれているのは好ましい誤算でもあった。そういう微笑ましいやりとりは日没まで続いた。

ローソン、斬新ですね。皆目ローソンばかりだ

ローソンのパンは他のコンビニエンスストアとは僅か異なる動向ですよね。例えば、我々が好きで激しく貰うのが「チーズとハムのロール2個入り」というパンだ。ちっちゃな円形のパンで、2口ぐらいで食べれて仕舞うがたいで、いい具合にチーズが効いて、それをハムが物足りなさを補っていて、平凡で控えめだけど飽きないという感じですね。だけどまさか凝らしてることがあるんですね、こちら。誠に鮮度保全剤というちっちゃなものがあるんです。菓子パンでそういったのは物珍しいだ。それ程、持続料などの添加物をなくして、無添付をアピールしてるんでしょうね。「人工あま味料不使用」と表示されていらっしゃる。てことは、他のパンって人工あま味料が入っていたの?って感じですよね。しかし、裏を見たら色付け料も発色剤も香りもあるんですね。なんか生半可ですね。多分好ましいとして。相当、ローソンはクッキーでもこういった感じのが売られていて、画期的なことをしてますよね。最近は。キャッシング 金利

今の方はケータイやるから視力乏しい方多いですよね

歌手ニュースなんかを読んでいると、なかなか、視力が悪くてコンタクトをやる歌手の方多いですよね。ほんと沢山いますよ。特別キャッシュに耐えるわけでもないのに、レーシック受ければいいのにと思います。サイフや紙袋、ウェアなど銘柄ものを抱えるのに、いかにレーシックが高いからって、そのぐらいの価格は歌手にとってははした金だに。負けいくさが怖いとか思っているのですかね。瞳に雌を入れる苦悩とか。でもそのわりには、整形は次々やるじゃないですかね。なんか不具合やるんですよね。仮面に関しては一気に雌を来れるけど、視力のような見た目には思い付かものには違う着想なんですよね。ずいぶん、視力のほうがその後を考えると大事だと思いますけどね。あたいだったらぜったい、視力のほうが良くなりたいですね。アスリートはしばしばレーシックやりますけど歌手や芸人ってめったに受け流すですよね。まだまだ不安なんですかね、レーシックは。そんなこと言ってる私も不安ですけど。でも整形のほうが恐いですよ。

フォーク・クルセイダーズの懐かしい話を聞いて納得

昨日BSでアルフィーの坂崎幸之助さんが音楽について語る番組を見ました。
毎週放送されているのは知っていましたが,チャンネルを変えていたらたまたま映って,しかもフォーク・クルセイダーズの特集をしていて途中からですが見入ってしまいました。
マニアックな話題を数多く持っている坂崎さんの話はとても面白く,フォークルが解散するきっかけは「帰ってきたヨッパライ」というフォークルの大ヒット曲を大島渚監督が映画化した時らしいです。加藤和彦さんと大島さんが揉めてメンバーでこうなった以上は解散しなくてはいけないだろうとメンバーで話し合った事や,二度と同じメンバーで再結成しないと約束した事など坂崎さんが加藤さんや北山修さんから聞いた話を語っていました。
加藤さんの生前にフォークル再結成がありましたが,はしだのりひこさんの代わりに坂崎さんがメンバーに入った事も理由が解りました。
加藤さんの思い出話でそうだったのかと解けたのは北山さんと作った「あの素晴らしい愛をもう一度」のギター前奏の話で,上の低音弦から弾く通常のスリーフィンガー奏法と違い下の弦から弾き始める奏法を取り入れ,それは加藤さんの元々の専門楽器だったバンジョーの弦配置から考えた奏法だという話でした。
私も昔この曲に挑戦したことがありますが,真似ができませんでした。45年を掛けて理由がわかりました。
常に新しい音楽に挑んでいた加藤さんに感嘆です。